流浪の月 (2022)

『怒り』の李相日監督がメガホンをとり、15年前に起きた誘拐事件の被害女児と加害者の再会を描く人間ドラマ。2020年本屋大賞を受賞した凪良ゆうの小説を原作とし、「孤狼の血」シリーズの松坂桃李と、「ちはやふる」シリーズの広瀬すずがダブル主演を務める。

監督:李相日
出演:松坂桃李、広瀬すず、横浜流星、多部未華子、趣里、三浦貴大、白鳥玉季、内田也哉子、柄本明ら。

流浪の月 (2022)のストーリー

雨の夕方の公園で出会った、19歳大学生の佐伯文と10歳の家内更紗。引き取られている伯母の家に帰りたがらない更紗の意向を汲んで、文は自分の家で更紗を2か月間かくまうことに。しかし、文は更紗を誘拐した罪で逮捕されてしまう。秘密を誰にも打ち明けられず、“被害女児”とその“加害者”という烙印を押されて15年の月日を過ごした2人は再会を果たす。

  • コメント: 0

関連記事

  1. アントキノイノチ (2011) : Life Back Then

  2. 湯を沸かすほどの熱い愛 (2016) : Her Love Boils Bathwater

  3. 人生の約束 (2015) : A Living Promise

  4. ラーゲリより愛を込めて (2022)

  5. 僕たちは世界を変えることができない。(2011) : but we wanna build a school in cambodia.

  6. 蜜蜂と遠雷 (2019) : Mitsubachi to Enrai

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。