いのちの停車場 (2021)

現役医師であり作家としても活動する南杏子の同名小説を、『八日目の蝉』などの成島出監督が吉永小百合主演で映画化した人間ドラマ。在宅医療をテーマに、現代日本の長寿社会における医療制度の問題点や尊厳死、安楽死といったタブーに正面から向き合い、それらに携わる医師や患者、その家族の物語を紡ぐ。

監督:成島出
出演:吉永小百合、松坂桃李、広瀬すず、西田敏行、田中泯、石田ゆり子、小池栄子、泉谷しげる

いのちの停車場 (2021)のストーリー

第一線で活躍してきた救命救急医の白石咲和子(吉永小百合)は、長年勤めた大学病院から実家のある金沢へと戻り、在宅医療を通して患者をケアする「まほろば診療所」に勤めることになる。これまでの救命救急とは異なる命との向き合い方に戸惑う咲和子だったが、院長や看護師、咲和子を追って診療所へやってきた元大学病院職員など周囲のスタッフに支えられながら、在宅医療だからこそできる患者や家族との接し方を見いだしていく。

  • コメント: 0

関連記事

  1. キセキ -あの日のソビト- (2017) : KISEKI Sobito of that day

  2. 僕たちは世界を変えることができない。(2011) : but we wanna build a school in cambodia.

  3. 湯を沸かすほどの熱い愛 (2016) : Her Love Boils Bathwater

  4. 人生の約束 (2015) : A Living Promise

  5. ラーゲリより愛を込めて (2022)

  6. あの頃。 (2020)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。