アントキノイノチ (2011) : Life Back Then

『ヘヴンズ ストーリー』でベルリン国際映画祭2冠を獲得した瀬々敬久監督が、さだまさし原作の同名小説を映画化。遺品整理の仕事を通して自らの過去と向き合う青年・杏平を『悪人』の岡田将生が、悲しい過去を持つ杏平の恋人・ゆきを『余命1ヶ月の花嫁』の榮倉奈々がみずみずしく演じている。出演:岡田将生、榮倉奈々、松坂桃李、鶴見慎吾、壇れい、染谷将太、柄本明、宮崎美子

アントキノイノチ (2011) : Life Back Thenのあらすじ

高校時代に自分のせいで親友を亡くし、心を閉ざして生きてきた杏平(岡田将生)。遺品整理業の現場で働き始めた彼は、そこでゆき(榮倉奈々)という女性と出会う。共に働くうちに、2人は心を通わせるようになっていく。だが、ゆきには衝撃的な過去があった。ある日、その秘密を杏平に告げた彼女は、どこかへ姿を消してしまう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. キセキ -あの日のソビト- (2017) : KISEKI Sobito of that day

  2. マエストロ! (2015) : Maestro

  3. 蜜蜂と遠雷 (2019) : Mitsubachi to Enrai

  4. 僕たちは世界を変えることができない。(2011) : but we wanna build a school in cambodia.

  5. 湯を沸かすほどの熱い愛 (2016) : Her Love Boils Bathwater

  6. 新聞記者 (2019) : The Journalist

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。