娼年 (2018) : Call Boy

直木賞候補になった石田衣良の恋愛小説を、2016年8月の舞台化に引き続き、主演・松坂桃李、監督・三浦大輔のコンビで映画化したセンセーショナルなラブストーリー。会員制ボーイズクラブの娼夫となった20歳の大学生と、彼が出会う女性たちとの物語がつづられる。主人公を誘うボーイズクラブのオーナーを元宝塚歌劇団の真飛聖が演じる。出演:松坂桃李、真飛聖、冨手麻妙、猪塚健太、桜井ユキ、小柳友

娼年 (2018) : Call Boyのあらすじ

大学生活に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な青年リョウ(松坂桃李)。ある日、中学校の同級生でホストクラブで働く進也が連れてきた静香(真飛聖)という女性と知り合う。彼女は秘密の会員制ボーイズクラブのオーナーで、その試験に合格したリョウは娼夫として女性たちと接しているうちに、彼女らの欲望の不思議さや奥深さに気付き、やりがいを見つけていく。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ピース オブ ケイク (2015) : Piece of Cake

  2. 耳をすませば (2020) : Whisper of the Heart

  3. 今日、恋をはじめます (2012) : Today, we’ll Start Our Love

  4. グッドカミング〜トオルとネコ、たまに猫〜 (2012) : Good Comming

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。